リスクから考えるペニス増大方法を徹底比較

ヴィトックスα

公式ヴィトックスα


増大成分のL-シトルリン配合量が2倍。
ペニス増大サプリでダントツ売れ筋No.1商品。
今ならまとめ買いで1箱プレゼント!


机上査定はこちら

 

 ペニスを大きくするための方法

 

ペニスを大きくするための方法にはいくつかあります。世の中には本当かどうか疑わしいものから、実績があるものまでたくさん方法があがっています。

 

その中でも、信頼度の高い方法は3つあると言われています。

 

・増大サプリ
・増大手術
・増大注射

 

です。その他にもペニス増大のためのトレーニング、いわゆるチントレと呼ばれるものもありますが、チントレは個人差がとくに大きく、方法も様々あるため、ここでは除外しておきます。

 

増大サプリは、サプリメントを摂取することによって体の中からペニス増大を目指す方法です。増大手術は、ペニスをお腹の中から引っ張り出したり、脂肪を吸引することによって大きくする方法です。増大注射は、特殊な薬液をペニスに注射することによって、ペニスを大きくする方法です。

 

どれも一長一短あり、複数を組み合わせたり、チントレと合わせることによって、より高い効果を得られたという声もあります。

 

ではいったいこの3つの中のどれを試していったらいいのでしょうか。

 

結論から言うと、「どの方法も間違いではない」です。どれもある程度の効果は認められていますので、この方法でなければいけないというものはありません。
それぞれの特徴を知って、自分に合った方法をチョイスするのが正解だと言えます。

 

 リスクから考えるとどれが一番良い??

 

前述の通り、ペニス増大の方法はどれをやっても間違いではありません。ただ、やはり気になるのはリスクですよね。万が一失敗してペニスが縮んでしまったり、勃起不能になってしまっては元も子もありません。

 

手術、注射、サプリの3つの方法を、リスクの面から比較してみましょう。

 

・ペニス増大注射
注射は、クリニックなどでおこなえる手術の中でも比較的リスクは低いです。というのも、ペニス増大に使われる成分は、体に無害なヒアルロン酸が主だからです。だだし、ヒアルロン酸は徐々に体に吸収されてしまう性質があるため、ある一定の期間を過ぎると大きさが元に戻ってしまうという欠点があります。だからこそ体に無害なわけですが、費用対効果を考えると人によっては微妙かもしれません。その他にはバイオアルカミドやリパスなどの半永久的に効果が持続する注射もありますが、その場合は「拒否反応」が出てしまうというリスクがあります。また、極稀に薬剤がうまく浸透せずに、痛みが出てしまったり、勃起不全になってしまう人がいるようなので、どの成分を注射しても少なからずリスクは残ります。

 

・ペニス増大手術
体にメスを入れるペニス増大手術にもいくつか種類があります。ペニスのじん帯を引き剥がしたりゆるみを無くしたりして、体内に埋もれたペニスを引き出し長くする手術法や、脂肪吸引によって脂肪に埋もれてしまったペニスを引き出す方法などが現在の主流になっている方法です。体にメスを入れるため、体への負担は大きく、当然失敗のリスクはあります。さすがに死亡した例などはあがっていないようですが、失敗した場合は命に関わったり、後遺症が残ってしまう可能性はゼロではありません。なにごとにも絶対はありませんからね。とはいえ、失敗する確率が高いわけではないので、どうしてもすぐに効果を得たい、という人には向いていると言えるでしょう。

 

・増大サプリメント
ペニス増大サプリは、薬ではなくサプリメントになります。国内で販売されているものは法律にのっとって販売されているため、体に悪影響がある成分などは含まれていません。手術とは違い、食事と同じような感覚で気軽に摂取できるため、手軽さはかなり高いです。そのうえ、飲んだだけでペニスが大きくなったという報告はネット上に数多くあがっています。もちろん全てが信じられるわけではありませんが、成功例は非常に多いため、信憑性は高いと言えるでしょう。成分はその商品によって違いますが、どれも副作用が報告されているようなものはなく、かなり安全性は高いと言えます。

 

それぞれのリスクについては以上になります。これらを比較すると、

 

「増大サプリ → 注射 → 手術」

 

の順にリスクは高くなります。ただし、注射と手術はリスクをコントロールできないので、安全を求めるのであれば、やはり増大サプリが一番良い。という結論になります。